福井県鯖江市三六町 1-2-31

TEL 0778-51-2260

※番号のお掛け間違いにご注意ください

文字サイズ

  •  

部門のご案内

栄養室

栄養室の主な仕事

栄養室では外来・入院の栄養食事指導、入院患者、外来透析、なごみの里(デイケア)の栄養管理、食事の提供などを主に行っています。個別栄養食事指導は平日に随時行い、集団栄養食事指導や糖尿病教室なども定期的に実施して生活習慣病などの改善に努めています。 特定健診でメタボリックシンドローム予備軍と判定された方には特定保健指導を実施しています。また2020年4月からは妊娠されている方に対する栄養相談を個別で行っています。
入院された方の治療食の提供や、栄養管理に関しては多職種連携のもと、栄養状態の定期的なモニタリングや評価を行い、栄養状態の改善や維持に努めています。
入院患者の食事は病状に合わせたものを院内約束食事箋規約に基づき提供しますが、最近は、アレルギーや嚥下困難な方、食事摂取量が少ない方など、個別の対応が必要な方が増加していますが、担当管理栄養士がベッドサイドに伺い喫食状況を確認し、できる限りの対応を心がけています。

(2022.4)

管理栄養士のおすすめレシピ

患者サービスの提供

年15回以上の「行事食とカード」
誕生日には「ケーキとバースディカード」
出産された方には「お祝い御膳」

 

NST(栄養サポートチーム)活動

平成15年9月にNSTを設立しました。現在、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士からなるチームで1回/週、リスクの高い患者さんの栄養状態についての回診を行っています。

糖尿病透析予防指導

平成25年7月から医師の指示のもと、糖尿病の患者さんで糖尿病性腎症の病期に合わせた栄養指導、看護師による生活指導を行っています。また、医師・看護師・理学療法士・管理栄養士・薬剤師・診療検査技師などの他職種による年5回の糖尿病教室を開催しています。(当院で糖尿病の治療中の方)