福井県鯖江市三六町 1-2-31

TEL 0778-51-2260

※番号のお掛け間違いにご注意ください

文字サイズ

  •  

新型コロナ関連

発熱外来(受付・検査方法について)

〜発熱外来ついて〜
当院では、感染症指定医療機関としての機能維持のため、当分の間、感染症疑い(発熱)の方の診療は、発熱外来での感染症検査を実施してからの診療の流れを維持致します。コロナ禍前の様に診療科前の待合に感染症疑い患者とそれ以外の症状の患者が混在する状態には戻すことは、国が定める感染症ガイドラインに反する事となり、且つ、院内パンデミックを起こす可能性が高いため出来かねます。待ち時間や移動の手間は増えますが、ご理解の上、ご協力いただきますようお願い致します。また、院内感染抑制のため、発熱症状患者の検査前の入所はお断りしていますので、自家用車での待機にご協力お願いします。

【診察時間】月曜〜土曜日 8:30〜11:20(受付上限に達し次第終了、終了時はホームページに掲載)
日曜日、年末年始、祝祭日は休み。発熱症状の救急搬送患者受入のみ実施しています。翌診療日での受診にご協力お願いします。

発熱外来の受付数は救急・入院など一般診療に支障を来さないように制限させていただいています。(受付数を制限するため、発熱外来受付で当日配布した受付票のみ有効とします)
(注意)スマホ問診は予約を保証するものではありません。

◆◆発熱外来受診時のお願い◆◆
検査は‖単婢蓋狂〆此検査前30分以内飲食禁止、飴・水も含まれます。)or 鼻咽頭抗原検査を 年齢や条件に応じてご案内いたします(感染状況により△里澆箸覆訃豺腓發△蠅泙后法

‖単娶〆困両豺腓蓮⊆家用車内で採取し、採取後検体を窓口(救急車搬送扉前)にお持ちいただく形となります。
鼻咽頭検査場所と検体提出場所(救急車搬送扉前)は、受付時にご案内いたします。
※月曜や祝日明け、流行期など非常に混雑する場合があり、検査結果が出るまで時間が長時間お待ちいただく場合があります。専門診療科の受診希望がある場合などは、必ず余裕を持ってお越し下さい。駆け込みでの受付は午後からの入院診療や手術に支障を来たしますので、お断りしています。受入体制維持のため、秩序ある対応にご協力お願いします。
 
◆◆診療の流れ◆◆ 
スマホオンライン問診を下記ボタンからご入力ください。番以降の流れも必ずお読みください
限られた時間で一人でも多くの発熱患者対応のため、スマホオンライン問診の事前入力にご協力ください。

(スマホオンライン問診を入力すると、医師が診察・判断に係る時間を短縮でき、受付時間内に診察可能な人数を極力制限ですに対応する事が出来るため、スマホオンライン問診にご協力ください。) ・受診者ごとにオンライン問診番号が必要です。画面コピー、またはメモで記録するようお願いします。

発熱外来受付票を発熱外来受付(時間外受付)でお渡しします。病院正面玄関向かって左側を直進し、表示に沿ってお進みください。※受診者ごとに記入が必要です。受付票は窓口で記載いただき手続きさせていただきます

8‖虜亮茵並単婪亮茲両豺腓蓮⊆家用車でお願いします。院内やプレバブ内はお断りしています。)

じ〆嵯覯未出るまで、車内で待機していただきます。結果が陰性であった場合は、処方箋や伝票(自己負担)、保険証等を時間外受付でお返しします。陽性であった場合は、お電話でご説明いたします。

※外国の方の受診を希望される場合は、当院では通訳が常駐しておりませんので、日本語の読み書きができる方の同伴をお願いします。
 

受診者(付添者)への検温実施とマスク着用の必要性について

有熱者との待合空間の共有をできるだけ避けるため、受診者ならびに付き添い者全員に、受診科受付での検温を実施しております。ご協力をお願いします。
また、病院内では感染防止のためマスク着用を義務とさせていただきます。他の患者さんや職員に感染が拡大することを防ぐための義務化となりますので、ご協力の程、宜しくお願いいたします。職員が複数回、マスクの必要性について説明しお願いした上でも、マスク着用を拒否される場合は、当院での診療をお断りすることもあります

患者さんと共に行う院内感染予防

近年は院内感染を防ぐためには、患者様の参加と協力が不可欠であると考えられています。
特に次の対策について必要と考えていますので、ご協力をお願いします。

◆診察やケアを担当する医療従事者に対し、手をきれいにしたか遠慮なく尋ねてください。
医療従事者が手を清潔にすることで新型コロナウイルス感染症を含む、多くの院内感染を防ぐことができます。
◆病院でトイレを利用した後や、ご入院中に病室を出入りするときには石鹸と流水による20秒以上の手洗いまたは15秒以上の手指消毒を行ってください。
患者様とご自身の身を守ることになります。
ご来院時は、必ずマスクの着用をお願いします。飛沫が口元から飛び出すのを防いでくれます。
※マスクについては、事前に準備をお願いします。

来院について

当院では、院内感染を防止し入院患者の皆様の安全な療養環境を確保するため、
来院基準を設け入院時に説明を行っております。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

来院時の注意点は以下の通りです。
 1.ご親族のみの来院としてください。
  ※ご親族以外のお見舞いとしての来院は固くお断りいたします。
  ※15歳以下の来院は原則禁止です。
 2.発熱や咳等の感染症を疑う症状がある場合は来院をお断りします。
 3.来院可能時間は、14:00-18:00を原則とし短期滞在(目安:15分)、来院人数は2名までとしてください。
  ※来院可能時間以外での来院や多人数でお越しになられた場合、入棟をお断りさせていただきます。
  ※長時間滞在された場合、職員よりお声掛けをさせて頂きます。
  ※病状説明、手術結果説明等の来院時間はこの限りではありません。
   来院目的を受付にお伝えください。
 4.来院の際は必ず受付にお寄りいただき、手続きを行ってください。
  ※病棟立入申請書を受付(時間内:入院案内 時間外:時間外受付)に提出し、マスクにシールを貼り入棟ください。
  ※マスクにシールがない場合、職員よりお声掛けをさせて頂きます。
 5.病室内では患者、来院者共にマスクの装着が必要です。
 6.病室内の飲食、大声での会話は禁止です。
 7.感染症の流行や院内にて感染症が発生した場合等は、病棟立ち入り制限等の対応をとる場合があります。随時、院内掲示等でお知らせします。

新型コロナウイルス感染症患者の受入体制

当院は、福井県の定める新型コロナウイルス感染症に係る重点医療機関となっております。
そのため、限られた人員で新興感染症に対応するため、症状のある方の治療を優先して受け入れる体制
をとっております(症状のない無症状患者の検査や、陰性証明を目的とした対応は行っておりません)。 
今後、感染状況の推移により通常診療における診療受付時間帯や人員配置を制限する可能性があります
ので、ご理解いただきますようお願い申し上げます(制限を行う際は、病院ホームページや院内掲示にて
お知らせ致します)。
※感染患者の最大受入病床数 22床

実習および研修等の受け入れに係る感染対策に関する院内基準について

 当院では、新型コロナウイルス感染症(COVID−19)の院内感染を防止するため、日頃から徹底した感染防止対策に取り組んでいるところです。同感染症の流行期にあたり、来院者の皆様におかれましても、当院における院内基準(PDF参照)の遵守と徹底した感染対策に取り組んでいただき、予定される実習等(見学、会議等を含む、以下同様)が計画通りに実践できるようご協力をお願いいたします。

 協力対象:医療職の育成に関わられる教育機関の先生方
       当院での教育実習を希望される学生の方
       当院にて開催される研修会・会議等に参加予定の方
       当院の見学・面接等を希望される方

 実習および研修等の受け入れに係る感染対策に関する院内基準について(PDF)
 実習生受け入れに係る感染対策に関する院内基準の追加事項について(PDF)

 【実習等の当日に提出が必要な書類】
   確認書(PDF)
   予防接種歴・罹患歴調査票(PDF)

家庭内での感染対策について

<症状のある方が家庭内にいない時>
家庭内での感染を防ぐことは、家庭内はもちろん保育園や学校、職場、地域の大切な命を守ることにつながります。
日頃から対策を実施して家庭内での感染を予防しましょう。
実践していただきたい感染対策について下記にまとめました。
詳細は、「家庭内感染予防について」「食器・手すり・ドアノブなどの身近な物の消毒」(PDF)を参照ください。

<症状のある方が家庭内にいる時>
熱や咳、鼻水などの症状があるご家族が家庭内で出た場合は、家族間でうつし合わない事、周りの人(同居の方以外)に拡げない事を考えて行動することが重要です。
実践していただきたい感染対策について下記にまとめました。
詳細は、「感染症 自宅療養者向けハンドブック 自宅療養をする方へ 同居の方へ」(PDF)を参照ください。

<新型コロナウイルス感染症に罹患した、濃厚接触者となった時>
新型コロナウイルス感染症に罹患し自宅療養を行っている方、濃厚接触となった家族が自宅内で待機している場合等には、家庭内での感染対策が重要です。
正しい対策を実践し、体調を整えることが日常生活に戻る近道です。
実践していただきたい感染対策について下記にまとめました。
詳細は、「新型コロナウイルス感染症 自宅療養者向けハンドブック 自宅療養をする方へ 同居の方へ」(PDF)を参照ください。