福井県鯖江市三六町 1-2-31

TEL 0778-51-2260

※番号のお掛け間違いにご注意ください

文字サイズ

  •  

診療科ご案内

脳神経内科

ご紹介

神経内科外来は、毎週月、水、金曜日の午後に、常勤医師1名(神経内科専門医)が担当しております。
神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気を診る診療科です。しびれ、めまい、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、むせる、物が二重にみえる、手足が震える、けいれん、まぶたや顔がぴくぴくする、しゃべりにくい、頭痛、手足が勝手に動いてしまう、物忘れ、意識障害など様々な症状を対象とします。代表的な神経内科の病気としては、脳血管障害(脳梗塞)、パーキンソン病、脊髄小脳変性症などの神経難病、認知症、てんかん、末梢神経障害、重症筋無力症、眼瞼痙攣、顔面痙攣、本態性振戦、頭痛などがあります。
当科では詳しい問診と神経学的診察法により、どこの病気であるかを見極め、治療を行います(骨や関節の病気なら整形外科へ、手術が必要なときは脳神経外科へ、精神的なものは精神科へご紹介いたします)。眼瞼痙攣、顔面痙攣(まぶたや顔がぴくぴくする)に対しては、ボトックスの注射による治療も行っておりますので、ご相談ください。
なお、正確な診断のためには、詳しい問診聴取と、神経学的診察法が必要で、ひとりひとりの診療に時間がかかります。そのため待ち時間がかなり長くなることがあります。待ち時間はできるだけ短くなるよう努力しておりますが、何卒ご了承ください。
(2018.4)

受付時間

月・水・金の午後