令和3年度 公立丹南病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 351 130 115 154 203 235 348 620 520 195
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。
令和3年度一般病棟の退院患者数は前年比で117.9%に増加しました。令和2年度は新型コロナウイルス感染症の流行に対応して一般病床を削減し減少しましたが、外来患者数、手術件数が再び増加したため、入院患者数も増加しました。
年齢分布は例年通り70歳代、80歳代、10歳未満の年代が上位であり、高齢者層と小児に二つのピークがあります。前年比ではどの年齢層でも増加していました。年間の救急車受け入れ件数は例年1,400件超えでしたが、令和2年度は1,207件、令和3年度は1,237件にとどまっており、コロナ前には戻っていません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 91 2.10 2.65 0.00% 66.51
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 35 21.60 20.57 20.00% 86.20
050130xx9900xx 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 32 16.53 17.35 9.38% 84.72
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 31 14.58 13.14 3.23% 71.29
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 処置2なし 定義副傷病なし 22 4.95 5.53 0.00% 51.00
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。
平均在院日数(自院)は、一般病棟→地域包括ケア病棟へ転棟した場合、全在院期間を集計することとなっております。一方、平均在院日数(全国)は一般病棟のみの在院日数を集計されたものとなっております。
消化器、循環器、呼吸器、神経系等の各専門医により、専門性が必要とされる特殊な疾患に個別対応しています。また、丹南地域の二次医療機関として各医療機関や福祉施設から急変した患者さん等を受け入れております。また、感染症指定医療機関であり、新型コロナウイルス感染症の患者さんの受入れも行っています。
大腸検診二次検査や大腸ポリープの既往のある方の大腸ポリープ内視鏡的治療後の方が最多です。続いて誤嚥性肺炎、心不全、尿路感染症、ウイルス性胃腸炎などの急性疾患による入院が上位を占めています。肺炎後や心不全の患者さんの転院率が高くなっており、急性期を過ぎてからの継続療養を後方連携医療機関にお願いしています。
感染症対策にはインフェクション・コントロール・チーム(ICT)や院内感染防止委員会が活動し、情報共有を図りながら日常診療にフィードバックしています。糖尿病の患者さんに対しては多職種で構成された糖尿病ケアチーム会が積極的に協働し、治療や指導に取り組んでいます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎,急性細気管支炎,下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 85 4.58 5.83 0.00% 1.02
040100xxxxx00x 喘息 処置2なし 定義副傷病なし 27 4.04 6.24 0.00% 3.00
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 20 4.15 5.76 0.00% 2.00
100210xxxxxxxx 低血糖症 19 3.26 6.68 0.00% 2.37
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 処置2なし 定義副傷病なし 19 3.42 5.53 0.00% 4.89
令和2年度は新型コロナウイルス感染症の拡大により外来・入院患者数が半減しましたが、令和3年度は例年同様に、急性気管支炎や喘息、肺炎、低血糖、急性胃腸炎などの感染症を主体とした入院が多くなりました。小児はコロナワクチン接種率がまだ低く、今後も感染症の流行が大きく影響すると考えられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 49 2.04 2.65 0.00% 65.57
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 36 5.17 5.40 0.00% 36.06
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 31 12.16 7.11 9.68% 69.23
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 16 6.94 9.21 0.00% 74.63
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置1なし 定義副傷病なし 14 20.79 15.76 7.14% 77.43
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。
平均在院日数(自院)は、一般病棟→地域包括ケア病棟へ転棟した場合、全在院期間を集計することとなっております。一方、平均在院日数(全国)は一般病棟のみの在院日数を集計されたものとなっております。
専門医5名と専攻医1名の体制で診療しており、消化器外科を中心に各種疾患に対応していますが、大腸ポリープ内視鏡的切除、急性虫垂炎、胆嚢疾患など消化器系良性疾患の患者数が多くなっています。また悪性疾患に対しては、大腸・胃・食道・肝胆膵領域の消化器系のがんや乳がんに対するがん医療、腹水ろ過濃縮再静注法(CART)やオピオイド鎮痛薬などを利用したがん終末期患者さんの緩和医療を行っています。腹腔鏡を用いた低侵襲手術や消化管・肝胆膵の消化器がんの手術症例を増やし、入院・外来における化学療法を充実させています。胆膵疾患や消化管早期がん、粘膜下腫瘍などのより精密な診断に有用な超音波内視鏡(EUS)を導入し、EUS下穿刺細胞診も積極的に行っています。乳がん検診にはトモシンセシスを利用した3Dデジタルマンモグラフィ検査を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 79 47.76 25.32 18.99% 82.20
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 31 35.74 23.02 3.23% 76.16
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む) 骨穿孔術等 16 51.88 26.48 0.00% 68.75
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 15 3.13 4.99 0.00% 62.27
160740xx01xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨,上腕,大腿等 定義副傷病なし 12 9.50 5.74 0.00% 32.75
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。
平均在院日数(自院)は、一般病棟→地域包括ケア病棟へ転棟した場合、全在院期間を集計することとなっております。一方、平均在院日数(全国)は一般病棟のみの在院日数を集計されたものとなっております。
令和3年より常勤医3名と非常勤医師1名の体制で診療しています。高齢者の骨粗鬆症を背景にした各種の骨折(股関節・大腿骨近位部、前腕や肘関節周辺の骨折など)が多くなっています。また脊椎圧迫骨折などで保存的治療を行う患者さんも増加しています。膝や股関節の人工関節置換術のほか、骨折手術以外で膝関節鏡視下手術、脛骨骨切り術など関節温存手術が増えており、術後も活動性を維持したい患者さんの満足度も高くなっています。術後経過良好な方は早期退院を、また入院前から介護支援を受けていた方には機能回復を目指しつつ適切な時期での転院調整を行っています。当科では早期離床とリハビリ開始に取り組み、急性期から回復期、慢性期まで、あらゆる疾患に対して最新の治療、また患者さんの病態に則した治療を行っています。生活指導を含めた疾病予防まで丁寧に説明しております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 13 9.85 8.30 0.00% 62.77
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 12 15.67 9.78 8.33% 81.08
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 11 15.36 15.63 18.18% 66.82
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 10 22.80 18.90 40.00% 71.50
010010xx02x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 処置2なし 定義副傷病なし - - 20.79 - -
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。患者数が10件未満の場合、”-(ハイフン)”で表記されております。
平均在院日数(自院)は、一般病棟→地域包括ケア病棟へ転棟した場合、全在院期間を集計することとなっております。一方、平均在院日数(全国)は一般病棟のみの在院日数を集計されたものとなっております。
頭部外傷、脳血管障害(脳卒中)、脳腫瘍など脳神経外科疾患全般に対して診療を行い、特に救急医療と脳腫瘍医療に力を入れています。脳血管障害や頭部外傷などの救急搬送患者の対応では、充実した救急部スタッフと設備のもと迅速に治療を開始しています。また、脳梗塞急性期の患者さんには、t-PA血栓溶解療法や経皮的血栓回収術などの血管内治療も積極的に行っています。在宅復帰に向けた入院早期からの退院調整や、後遺障害が残った在宅復帰困難な患者さんの転院調整については多職種で行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 処置1なし 定義副傷病なし 49 4.10 5.56 0.00% 59.16
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 41 2.02 2.50 0.00% 69.32
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置2なし 30 8.77 7.02 3.33% 75.50
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 18 11.78 8.23 0.00% 75.61
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病なし 13 7.00 7.16 0.00% 56.08
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。
平均在院日数(自院)は、一般病棟→地域包括ケア病棟へ転棟した場合、全在院期間を集計することとなっております。一方、平均在院日数(全国)は一般病棟のみの在院日数を集計されたものとなっております。
令和3年より常勤医2名体制となり、排尿ケアチームも活動を継続しています。入院や手術ではほとんどの泌尿器科疾患に対応し、入院数が増加しました。また、緊急にも対応できる状態になりました。
腎尿管結石症の患者さんに対し内服薬による保存的治療や体外衝撃波腎・尿管結石破砕装置(ESWL)を用いた治療から、経尿道的尿管結石除去術(f-TUL)に切り替え、患者さんの身体的・時間的・経済的負担を軽減しています。続いて前立腺がんや膀胱がん、前立腺肥大症の入院が上位を占めています。
一方、福井大学医学部附属病院の関連教育施設の指定を受け、泌尿器科専門医の教育にも力を尽くしています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 14 9.43 9.39 0.00% 32.64
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 処置2なし 11 4.00 3.05 0.00% 47.18
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 - - 6.04 - -
患者数が10件未満の場合、”-(ハイフン)”で表記されております。
令和3年4月~令和4年3月までに年間126件の分娩・出産(うち帝王切開は18件)を取り扱い、微増しています。陣痛・分娩・回復を一連に対応できるLDR室が2室あり、安全かつ快適な分娩支援システムを導入しています。婦人科領域では、子宮・卵巣の腫瘍などの一般婦人科手術を年間57件を行い、外来では月経不順、性行為感染症(STD)、子宮内膜症などの治療を行っています。 一般不妊症にも力を入れています。令和元年から鏡視下手術を導入し、令和3年から骨盤臓器脱に対する膣式手術を積極的に行っています。令和3年4月より常勤医師が1名増え、専門医2名と専攻医1名の3名体制となり、年度途中から2診体制、予約外来と予約外外来を設けました。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 40 4.10 4.92 0.00% 62.63
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし 19 4.32 5.71 0.00% 42.32
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 18 8.11 6.47 0.00% 58.72
030230xxxxxxxx 扁桃,アデノイドの慢性疾患 10 8.90 7.84 0.00% 30.50
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎,耳管炎,耳管閉塞 手術あり - - 3.22 - -
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。患者数が10件未満の場合、”-(ハイフン)”で表記されております。
平均在院日数(自院)は、一般病棟→地域包括ケア病棟へ転棟した場合、全在院期間を集計することとなっております。一方、平均在院日数(全国)は一般病棟のみの在院日数を集計されたものとなっております。
令和3年より常勤医2名体制となりました。入院ではメニエール病・めまい症が最も多く、次いで扁桃腺疾患、慢性副鼻腔炎、中耳の疾患が上位を占めています。手術は鼓膜・鼓室形成術、鼻内視鏡手術、扁桃摘出術、甲状腺手術、喉頭微細術など多岐にわたります。
嚥下障害を有する入院患者さんに対し、言語聴覚療法士、看護師、理学療法士で編成した摂食嚥下チームがリハビリや摂食嚥下の指導を行っています。
外来では、中耳炎、難聴などの耳疾患、花粉症や慢性副鼻腔炎などの鼻疾患、声の嗄(か)れる声帯ポリープなどの喉の疾患に積極的に取り組んでいます。また補聴器外来では難聴患者さんに対するQOL(生活の質)の向上を目指しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 - - 10 - - 1 8
大腸癌 - 12 21 - - - 2 9
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - 10 - - 2 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数が10件未満の場合、”-(ハイフン)”で表記されております。
厚労省の規約上、10名以上の場合のみ集計値を公表することとされておりますが、実際の合計件数(延患者数)は、胃癌:35名、大腸癌:47名、乳癌:5名、肺癌:9名、肝癌:16名 の症例数がありました。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 38 15.45 81.68
重症 11 18.82 82.82
超重症 - - -
不明
令和4年4月以降、成人年齢が20歳以上から18歳以上に変更されたのに伴い、当指標においても成人は18歳以上と変更されております。
患者数が10件未満の場合、”-(ハイフン)”で表記されております。
肺炎患者数が前年の33名から49名に増加しました。重症度別には軽症や超重症はなく、中等症が多くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 67 22.45 74.90 14.93%
脳梗塞の発症日から「3日以内」と「その他」に分けた際、両方または片方が10件未満で、「3日以内」と「その他」を合計して10件以上になる場合、分けずに合計した数値を記載する、となっているため合計数を計上しております。
脳梗塞患者数が令和2年の104名から67名に減少しています。脳梗塞患者さんの転院率は15-16%前後で、後方医療連携により治療継続が必要になっています。当院は地域包括ケア病棟を有しているため、他病院からの転院受け入れ等、急性期を脱した脳梗塞の患者さんに対して自宅等で自立した生活が送れるようにリハビリテーションを行っております。前年度と比較し、平均在院日数が3-4日延長しましたが、転院率がやや減少しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 85 0.29 1.08 0.00% 66.81
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。患者数が10件未満の場合、”-(ハイフン)”で表記されております。
大腸や胃の消化管内視鏡治療が上位を占めています。
内視鏡的切除適応拡大病変や深達度のより深い消化管がんに対しては、高次医療機関に紹介したり、腹腔鏡を用いた外科手術に紹介しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 46 0.28 1.07 0.00% 66.57
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 36 0.17 4.00 0.00% 36.06
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 34 2.76 10.06 11.76% 70.21
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 19 1.32 7.68 0.00% 78.00
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 14 2.29 16.57 0.00% 76.79
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 50 0.86 2.56 0.00% 59.92
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 31 1.74 6.13 3.23% 75.90
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除・蒸散術(ホルミウムレーザー等使用) 18 1.78 9.00 0.00% 75.61
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 0.60 4.00 0.00% 58.73
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。患者数が10件未満の場合、”-(ハイフン)”で表記されております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 11 0.82 8.09 0.00% 31.36
K867 子宮頸部(腟部)切除術 11 1.00 2.00 0.00% 47.18
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 10 1.00 7.90 0.00% 34.10
帝王切開術が最多となっております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 13 0.85 6.85 0.00% 29.38
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 11 1.00 5.45 0.00% 53.18
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
患者数が10件未満の場合、”-(ハイフン)”で表記されております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 50 1.34 51.06 22.00% 83.92
K0821 人工関節置換術(膝) 32 1.16 34.50 6.25% 76.53
K0811 人工骨頭挿入術(股) 29 3.31 32.07 13.79% 78.24
K0462 骨折観血的手術(下腿) 16 1.94 32.25 0.00% 52.56
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 14 1.14 2.50 7.14% 56.86
患者数は、一入院で一般病棟にご入院された方の数です。地域包括ケア病棟にのみご入院された方の数は含んでおりません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.44%
異なる - -
患者数が10件未満の場合、”-(ハイフン)”で表記されております。
合併症は臨床経験上、一定の確率で発生します。起こりうる合併症については、事前に十分に説明した上で、手術や処置の施行に同意いただくよう努めています。
【DPC180040 傷病名:手術・処置等の合併症 入院契機:同一 症例数11件の該当疾患】
透析シャント狭窄、薬物性ショック、ポリペクトミー後出血、医原性気胸、後出血、人工股関節脱臼、透析シャント閉塞
播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症の診断・治療については、各診療科の特殊性、基礎疾患、重症度に応じて適切に診断して、迅速かつ適正な治療に努めています。また手術・処置等の合併症や偶発症に対する診断や治療に関しても、基礎疾患にも配慮してリスク・アセスメントを総合的に行い、対応するよう心がけています。インシデントやアクシデントについては報告義務を課し、事後検証を行って問題点や課題を見つけ、改善計画を立てていきます。
更新履歴
2022/9/26
機能評価係数(Ⅱ)の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。